かや織りふきん ずぼんぼ 卯---中川政七商店

販売価格
550円(税50円)
購入数
ラッピング方法の選択へ
この商品について問い合わせるor予約する
奈良の工芸「かや織」は奈良時代に日本に伝わった
「風は通すが蚊は通さない」という蚊帳(かや)に使われる目の粗い薄織物です

綿のかや織を5枚重ねで縫い合わせたふきんは
使うほどにやわらかくなり
吸水性に優れ丈夫で長く使うことができます

このふきんをお正月らしく楽しいパッケージに入れました
帯に描かれているのは、卯の「ずぼんぼ」と呼ばれる紙製の江戸玩具
切り取って組み立てて遊んでいただけるようになっています

新年のご挨拶やお配り物にどうぞ


【ずぼんぼとは?】
ずぼんぼとは、和紙で箱型に組み立てた胴に頭や尾を付け、獅子舞などの形につくられた紙製の玩具です
四隅に付けた紙の足先には、重りを兼ねてしじみ貝が使われています
ずぼんぼの周囲を囲み、団扇であおぐと体を浮き上がらせて、ふわふわと動きます
「ずぼんぼ」は、獅子舞の囃子言葉が由来とされています
江戸時代の浅草観音境内で売られ、人気があったと記録に残っている郷土玩具です


本体サイズ30cm×40cm
パッケージサイズ17cm×17cm
価格550円(税込み)
素材綿100%
仕様表柄・裏晒の5枚重ね:ロックミシン仕上げ(機械)
塩素系漂白剤の使用可
産地奈良県
お知らせ●ご使用の前にお湯または水で十分洗って糊を落としてください。使うほどに柔らかくなります。
●生地の特性上、強い力がかかるとほつれが出ることがあります。
●洗濯・乾燥により縮みが生じます。予めご了承ください。
ずぼんぼの作り方ご準備いただくもの・・・はさみ、のり、しじみ貝又は粘着ねんど
【1】赤入りの点線に沿って、パーツをハサミで切り抜く
【2】耳にのりを付け、顔の上部隅の裏側に取り付ける
【3】顔と首を付け、胴体を箱型に組み立て、顔を(一)に、しっぽを(二)に取り付ける
【4】足の裏面にのりをつけて貼り合わせ、「わ」をつくる
【5】完成した足を胴体の四隅の内側に貼り、足先の「わ」の部分に小さなしじみ貝または粘着ねんどを取り付けて完成
ずぼんぼの遊び方【1】部屋の隅に、完成したずぼんぼを置きます
【2】前から団扇で上下にパタパタとあおぎます
【3】ずぼんぼの下に風が入ると、ふわふわと浮き上がります



中川政七商店--奈良の地で享保元年(1716)に創業
以来300年、手績み手織りの麻織物を扱い続けています
「日本の工芸を元気にする!」という明確なビジョンを持ち、
その永い歴史にとらわれることなく成長を続けるメーカーです
一方で古来江戸時代より現在に至るまで、ぶれることのない伝統を継承しています

中川政七商店の商品をもっと見る

ご購入はこちらから

  • 引き出物、承ります
  • プチギフト
  • ギフト・たくさんでお得
  • instagram
  • onzeについて
  • ブログ